着られなくなった衣服を高く買い取ってもらうコツ

着なくなった洋服はこうすると高値で売れる

いらない古着を高く買い取ってもらう方法

洋服を売りに行くときにできることは2つあります。 これをやるだけでお買取価格も違ってきます。 普段からやっている本当に些細なことです。 これは、店頭買取、宅配買取どちらでもやったほうがよいです。 どちらでも効果が目に見えてあります。 きっとそんなこと?と思いますよ。

売りに行く前にこれをすると高く売れる

サイズが合わなくなった洋服をリサイクルショップや古着屋に売りに出そうと思うことありますよね。
今回は洋服を売りに出す際、どのようにしたら高く売れるかをご紹介しようと思います。

宅配買取の場合。
今いろいろな会社が宅配買取をやっています。
宅配買取とは店舗に直接行かなくても古着などを郵送するだけで買い取ってくれるというサービスです。
古着を入れるダンボールも買取会社で用意してくれるそうなので大変便利と話題です。
このダンボールいっぱいに洋服を詰め込みます。

この時に洋服を一度洗濯しておくと値段が上がるそうです。
服がべたついていたり、防虫剤の匂いがしたりすると値段は一気にがた落ちなんだそうです。
よごれもできるだけ落ちている方が高値で買い取ってもらえるそうです。

そして、売る時期も必要だそうです。
夏物は1月~8月頃に、冬物は9月~12月頃に売りに出すと店頭にすぐ並べられるので買い値も高くなるそうです。

もし、店頭に足を運べる場合。
この時もちょっと心がけるだけでお値段が全然違うそうです。

まずすごくおしゃれな恰好をしていくことです。
おしゃれな人が売りに来たという潜在意識で値段をあげることができます。
さらに、売りたい古着を有名ブランドの袋に入れて持って行ってください。
有名ブランドの袋に入ってくる洋服は店員さんが高いものといろめがねでみる傾向があります。

ここまでで、宅配買取と店頭での買取、どちらが高値で売れるかというと店頭買取でしょう。
いろいろな場合がありますが、店頭の方が人間の心理をみすえたいい値段で売れそうです。

店員さんの心を惑わせる

お店に直接洋服を売りに行く際にも高値で買い取ってもらうコツがあります。 ちょっとしたことをするだけで店員さんは洋服に高値をつけたくなるんです。 それは、本当に些細なことです。 店員さんの心を惑わせる貴方自身の工夫です。 そんなことだったのかときっと驚きますよ。

店員さんと宅配買取

店員さんへの態度でも買取金額は変動します。 感じの良いお客には値段も上乗せしたくなるものです。 これは、実際に買取の店員さんとして働いていた人の話です。 それに比べて宅配買取は一体どんなかんじなのでしょうか? 店頭と宅配買取の違いとは一体何でしょうか?

Topへ
戻る▲